オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東広島市 しっくいが剥がれた隅棟瓦の取り直し工事が完成しました


鬼瓦取り付け
今回で東広島市I様邸の棟の取り直し工事が完成しましたので、積み直し工事の様子からご紹介したいと思います。

前回の解体工事・下地工事の様子はこちらからご覧下さい→
又、最初の現地調査の様子はこちらからご覧下さい→

今回は、新しく隅棟を作っていく工事の様子からです。まず最初に棟の端にあたる鬼瓦を固定していきます。
以前の鬼瓦の固定していた銅線は、固定してた釘が下地からすぐ取れるようだったので、しっかりと下地に固定した
釘に、銅線を固定して鬼瓦が倒れないようにしました
ちなみに、写真は鬼瓦を固定する際に、専用の定規を使用して据え付けているところです。
台土シルガード
以前は赤土だった台土をシルガード(南蛮しっくい)を使用して防水性を高めます。

シルガードというのは、商品名ですがしっくいと少し違う天は防水材(シリコン)が入っている点です
南蛮しっくいなどと呼ばれる商品名もありますが、中身はおおよそ同じで石灰や炭酸カルシウムや繊維質のものが入っており、そのどちらも従来の赤土より防水性が高いと言えます。
ノシ積み
和型の瓦による棟瓦取り直し工事において、一番下の四角い瓦・ノシ瓦の取り付けが一番重要になってきます
例えて言うなら、家を建てる際の基礎になるので、これが歪んでいれば、この上のノシ瓦さらには、棟自体が歪み、引いては耐震性が下がる可能性があるので、一番手間をかけなければなりません。
まずは水糸を張り、その糸に合わせて瓦を台土にのせていき、最後に写真のように銅線同士を結び合わせます。
隅棟、棟っこ
1段目が施工できれば、2段3段と作業を進めていきますが、その中でも耐震性を上げる為に補強部材を使用します。

1段目のように銅線を使っていては時間がかかるので、作業性を上げる為に、専用部材にて工事を行っていきます。
棟瓦取り付け
そして、最後に蓋のような瓦を取り付けていきます。
その際に、屋根下地に固定して棟の中を通した銅線をふたのような瓦の穴から通すことで、地震の揺れでも倒壊しない防災性の高い棟づくりをしていきます。
隅棟取り直し工事完成
最後に、通した銅線を手ごろな長さに調整して切り取り、結べば棟の完成です。
隅棟の付け根にもシルガードを左官工事で行い、少しの雨水も侵入させないようにします。
しっくい剥がれ補修
今回は、一番しっくりの剥がれが酷い隅棟のみ取り直し工事で、それ以外は補修としてしっくいの詰め直しを行いました。before/afterが分かるように、写真のようなテープを貼って作業した位置が分かるようにしました。

以上で、東広島市I様邸のしっくいが剥がれた隅棟瓦の取り直し工事は完成です

I様もとても喜んで頂き、ご自身の一眼レフカメラで作業中の私たちを撮って頂いたので、こちらも初めての体験でとても嬉しかったです。
棟の取り直し工事・しっくいの詰め直し工事に興味がある方はいつでもご連絡下さい。

本日も最後までご覧頂き、有難うございました

同じ地域の施工事例

施工事例

東広島市 実家の雨漏り調査にて、セメント瓦とりあい部のコーキング修理

工事前
完工
工事内容
屋根補修工事
使用素材
コーキング
築年数
建坪
保証
工事費用
1.8万円(税込み)
施工事例

東広島市 強風でカーポート屋根が破損。ポリカ波板貼り換え工事

工事前
工事後
工事内容
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
不明(約20年近く)
建坪
保証
1年
工事費用
12万円(税込み)
施工事例

東広島市O様邸 ベランダ排水口からのリビングへの雨漏り発生。防水・クロス工事。

雨漏り箇所拡大
雨漏り天井クロス工事
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
築年数
築20年
建坪
約18坪
保証
工事費用
約13万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦積み替え工事

本日もブログをご覧頂き、有難うございました。前回の現地調査はこちらからご覧ください⇒「呉市にて塗装工事中の棟瓦ズレを発見。棟瓦の取り直し工事を提案」前回の調査後に棟瓦工事の提案をさせて頂き、今回工事させて頂く事になりましたので、その様子をご...........

ドローン現地調査

本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます。今回は現在呉市にて塗装工事中T様邸の工事会社様から屋根の点検・調査をお願いしたいとご連絡をうけましたので、いつものようにドローンを使って現地調査しました。今回の屋根は谷部が2箇所あり、棟部が11...........

隅棟・棟積み替え工事

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。前回は隅棟工事の下準備までご紹介しましたので、本日はその続きをご紹介します。前回の水糸という目安になる基準線に合わせて、棟の一番下の瓦を取り付けていきました。真っ直ぐに合わすことができたら、ベニヤ板...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら広島呉店にお問合せ下さい!
8:30~18:00まで受付中!!
0120-959-689