オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

海田町 屋根リフォームで棟瓦取り直し工事の完成です


海田町屋根リフォーム棟瓦取り直し工事
    「街の屋根屋さん広島呉店」のブログをご覧頂き、有難うございます。

今回は、海田町にて屋根リフォーム工事として工事中の棟瓦の取り直し工事が完成しましたので、ご紹介します。
前回からの続きで、前回は棟瓦の作り方を中心にご紹介しましたので、その続きになります。

 ≪関連記事≫ 

下から上に順々に棟瓦を積み上げていきますが、屋根が寄棟(よせむね)になっているので、こちら写真が棟のキモになる箇所となります。
海田町屋根リフォーム棟瓦取り直し工事2
赤線印で囲った箇所には鬼瓦を据えたり、瓦を工具で加工していかなければなりません。
その為、どうしても連続性が途切れるようになり、「雨仕舞」をしっかりと理解していないと、
コーキングやしっくいといった充填材で埋めてしまうという安易な工事方法をとって、結果雨漏りにつながるというケースになるので注意が必要です。

 ≪関連記事≫ 
海田町屋根リフォーム軒瓦釘打ち直し
今回は、棟瓦の取り直し工事以外にも屋根リフォーム全体として工事を請けております。
その1つに風の当たりが一番強い為に破損する恐れのある「軒部」の瓦の釘の打ち直しを行いました。
現在使用する釘は表面の形状が特殊な為、木下地に固定さえると抜けにくくなっている為、
打ち直し工事は補強工事として有効と考えられています。
海田町屋根リフォーム棟瓦取り直し工事
寄棟の一番重要な箇所も工事が出来れば、1階部分の棟の取り直し工事と軒部の補強工事が完成です
1階や玄関上などは、お客様は勿論、ご近所様からも見えやすい場所です。特に注意してリフォームする事が求められます

2階棟瓦取り直し工事

海田町屋根リフォーム棟瓦取り直し工事
海田町屋根リフォーム棟瓦取り直し工事
2階は棟の長さが1階の数倍あり、段数の多い大棟もありますが、工程は1階部と変わりません。
(写真左)
まずは、既存の棟部を解体していきます。その際、モノが屋根から落ちない様に安全対策を施し、屋根足場に仮置きした既存の瓦を落とさない様に解体撤去していきます。
(写真右)
基準となる線を水糸と呼ばれる建築材で準備してから1段1段と棟を積み上げていきます。

付帯工事/ガラス瓦補強工事

海田町屋根リフォームガラス瓦
今回の海田町のお客様の屋根には、明かり取り/トップライトとしてガラス瓦が使用されていました。
ただ、最初の現地調査で特に補強をされた取り付けがなされていなかったので、補強を行い、
より明かりが、とれるようにガラス瓦周辺を清掃をするようにしました。
海田町屋根リフォームガラス瓦
本来ならば、屋根材の下は木下地があるのですが、明かり取りとしての場所には、その部屋の天井へ向けて明かりが流れるように、ポリカ―ボネントの平板状になったものが取り付けられている箇所が一般的です。
長年、掃除をされていない状態だったので、クリア色のポリカがほこりで濁ったようになっていました
海田町屋根リフォームガラス瓦
まずは、ガラス瓦を撤去していきます。後ほど補強工事も行うので、周りの瓦も撤去します。
ある程度、手が入るまでになったら掃除機で粗方のほこりを取り除き、あとは雑巾でしっかりと綺麗にしていきます。
海田町屋根リフォームガラス瓦
ガラス瓦自体には、陶器瓦と同じように留め具用の釘穴はありません
陶器瓦のように、外部から負荷がかかって割れないというわけにはいきません。
なので、上下左右の瓦の重ね代部にはコーキングで接着するように補強します。
海田町屋根リフォームガラス瓦
また、ガラス瓦を施工する際には、専用の留め具があります
木下地に固定し、左右のガラス瓦を留めるような形状をして、しっかりと固定するようになっています。
海田町屋根リフォームガラス瓦
ガラス瓦自体は専用クリップで固定。ガラス瓦の左右上下をコーキングで接着。そして、周辺の瓦をステンレス釘で固定すれば完成です
以前は、置いているだけのガラス瓦の場所でしたが、ある程度の台風が来ても問題ない状態になりました

付帯工事②/竪樋曲がり部破損

海田町屋根リフォーム樋破損
海田町屋根リフォーム樋修繕
(写真左)
雨漏りこそは発生していなかったのですが、2階の部屋からも確認できる竪樋の破損。数年前に塗装を行ったとの事でしたが、色褪せた状態から脆くなっていたのが伺えます。
又、樋の曲がりと曲がりの間が破損しており、その部分だけの修繕は難しいので、板金部に近い箇所から新しくする事にしました。
(写真右)
新設したこともあって、若干色味に違いがあるのですが、新しく樋を取り付けました。また上合/集水器近くには樋が風で吹きあがらない様に銅線で固定し、すべての工事が完了しました
海田町屋根リフォーム棟瓦取り直し工事
以上で、海田町の屋根リフォームで棟瓦取り直し工事は終了です
地震が来ても、これで安心できるとホッとされた様子のお客様の顔見る事ができて、
こちらもお客様の不安解決のお手伝いができてホッとしました。

今回のように、訪問販売の業者に言われて不安になったり、近くの建築会社に言われたが本当に問題があるかどうか良く分からないといった場合にも、お気軽にご連絡下さい

前回の工事の様子
現地調査の様子

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東広島市 実家の雨漏り調査にて、セメント瓦とりあい部のコーキング修理

工事前
完工
工事内容
屋根補修工事
使用素材
コーキング
築年数
建坪
保証
工事費用
1.8万円(税込み)
施工事例

竹原市のトタン屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替えです

カラートタン屋根経年劣化
葺き替え後ガルバリウム鋼板屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ガルバリウム鋼板、105Φ軒樋、60Φ竪樋
築年数
40年以上
建坪
保証
10年
工事費用
約33万円(税込み)※足場代含む
施工事例

東広島市で瓦の谷からの雨漏りの修理を行いました。

谷の修理
谷の修理
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
南蛮しっくい、ワカフレックス
築年数
築40年以上
建坪
保証
1年
工事費用
約7.5万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

呉市妻換気屋根補修

    「街の屋根屋さん広島呉店」のブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、呉市のお客様より「去年、スズメバチが家の外を飛び周り、天井裏からも羽根の音がして怖かった。寒いこの時期に何とかして欲しい」とのご相談を受けましたので、まずはどこ...........

呉市樋掃除屋根修繕

    「街の屋根屋さん広島呉店」のブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、呉市のアパートの屋根から1階の波板に向けて雨がまとまって落ちて来てうるさいので、何とかして欲しいとご相談を受けたので、屋根修繕としての現場調査に伺いました。場所...........

呉市瓦屋根樋工事現地調査

    「街の屋根屋さん広島呉店」のブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、呉市の敷地内の建物を解体して屋根が続いていた場所の修理が必要なのでお願いしたいとのご連絡を頂きましたので、お約束の日時に現地調査にお伺いしてきました。上の写真で...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら広島呉店にお問合せ下さい!
8:30~18:00まで受付中!!
0120-959-689