オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

広島市西区 工場の波板が劣化。ポリカ波板貼り換え工事で明るい屋根に。


街の屋根屋さん広島呉店」のブログをご覧頂き有難うございます。


お問い合わせのきっかけ
今回は広島市西区の会社様で
「工場のベランダの波板が劣化して一部が剥がれ、見た目にもよくないので一度見に来て欲しい」とのお問い合わせでした。
一般住宅ではないので、工場の波板としての役割は、ある程度の雨風が凌げれば良しとされることが多いので、恐らくかなりの劣化が考えられます。また昔の化学樹脂系の波板は劣化も早いので、割とそのまま放置されている事が多いです。

まずは、現地調査にお伺いしてみました

波板材質の種類

ガルバリム鋼板
15年から20年の耐久寿命
カラートタン
15年から20年の耐久寿命
ポリカーボネート
約10年の耐久寿命
ガラスネット入り塩化ビニール
約5年の耐久寿命
塩化ビニール
1年から3年の耐久寿命
●波板の特徴●
波板は、ベランダや庇(ひさし)などの小さな屋根に使用される事が多く、それゆえに手軽でお手頃な価格体なものが多いのが特徴です。

一般的な波板の種類は上記の5種類が尾茂の名ものとなっております。上から耐久性の高いものになっており、下の塩化ビニールは一昔前に安価という特徴から使用されましたが、すぐに劣化してしまったことで、

今度は繊維入りのガラスネットとして塩化ビニールが作られました。しかし、これも以前のビニール材より少し耐久性が伸びたぐらいで、数年すると紫外線により表面が黒焦げたようになるものが多くなりました。

そこで、大きく技術進歩したのが”ポリカーボネート”の波板でいわゆる「ポリカ」と呼ばれるものが普及しました。

広島市西区波板飛散調査
まずは、現場を確認させて頂きました

どうやら塩化ビニールの波板のようでした。耐久年数をかなり過ぎているようで、触れると弾力がなく、す
ぐに割れてしまうようでした
2箇所ほど大きく破損している箇所があり、そのうち1箇所は強風でめくれてなのか、
破損したビニール波板が屋根の上に乗ったままになっていました。
広島市西区波板飛散調査フックボルト
今回の波板の下地、つまり屋根を固定する為の下地は鉄地のアングル(L型になった金物)材を使用しておりました。

下地が木地であれば傘釘とよばれる釘で木下地に固定していくのですが、今回は鉄地になりますので、
フック(ひっかけられる形のもの)状になった留め具をナットで締め付けていくようになっていました。
広島市西区波板飛散調査
ただ、鉄地とはいえ、かなり腐食して表面が錆びているようでしたが、ご依頼の会社様もこちらの場所のベランダを特に目的があって使用している訳でもないようでしたので、

今回は、波板を貼り替える工事としてご提案し、了承して頂けましたので、早速、貼り換え工事に取り掛かりました。

ポリカ波板貼り換え工事

広島市西区ポリカ波板貼り換え工事
最初に、既存のビニール波板を撤去していきます。
実はすぐ下が浅瀬の川になっていたので、かなり気を使いましたが、解体撤去中にビニール波板の破片が落ちて行かない様にゆっくりと安全に注意しながら撤去していきました。
広島市西区ポリカ波板フックボルト間隔狭い
以前の波板を留めているフックは工場という場所柄か、間隔が広すぎて、
その為に波板が飛散した理由にもなっていたようなので、しっかりと決められた間隔でステンレス製のフックボルトを取り付けていきました。
広島市西区ポリカ本体ナット押さえすぎ注意
留め具のフックボルトは屋根の上から留めるのですが、固定する際に2つほど注意しなければなりません

●ナットの締めすぎ注意
フックボルトは傘釘のように打ち込んでいくのではなく、ナットを締めて本体のを押さえるので、極端にいうとどこまでも締めることができます。なので、ある程度の力加減でやめないと本体を傷つけることになるので、注意してください。

●フックが鉄地にしっかりと固定されているか
鉄地は、今回のようなアングル型もあればCチャン、パイプ(丸・角)、H鋼など様々な形があり、どの形にも共通して言えるのは、その下地しっかりと固定されていなければ意味がありません。
今回のように下からも確認できる場合は、上と下に作業する人をわけて、1箇所1箇所確認していくとよりしっかりとした屋根になります。
広島市西区ポリカ波板貼り換え工事完成
以上で、広島市西区 工場の波板が劣化。ポリカ波板貼り換え工事で明るい屋根には終了です
見た目だけを気にされての貼り替え希望でしたが、明るくなったことで新たにベランダとしての利用価値も生まれたのではと感じました。
屋根や壁が明るくなったり綺麗なったりすることで、住んでいる方の気持ちまで明るくなるので、見た目が汚くて悩んでいるかたも是非気軽にご相談下さい
話すことできっとお役に立てることもありますので、是非皆さんの問題を解決するお手伝いをさせて下さい

本日も最後までご覧頂き、有難うございました。

この工事の現場ブログ

広島市西区波板飛散調査

2020/12/02/ 広島市西区 工場の波板が劣化。ポリカ波板貼り換え工事で明るい屋根に。

「街の屋根屋さん広島呉店」のブログをご覧頂き有難うございます。●お問い合わせのきっかけ今回は広島市西区の会社様で「工場のベランダの波板が劣化して一部が剥がれ、見た目にもよくないので一度見に来て欲しい」とのお問い合わせでした。一般住宅ではない...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

竹原市のトタン屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替えです

カラートタン屋根経年劣化
葺き替え後ガルバリウム鋼板屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ガルバリウム鋼板、105Φ軒樋、60Φ竪樋
築年数
40年以上
建坪
保証
10年
工事費用
約33万円(税込み)※足場代含む
施工事例

呉市 台風により飛散した倉庫のポリカ屋根をガルバ波板に貼り換え工事

ポリカ屋根台風被害
ガルバリウム鋼板波板
工事内容
屋根葺き替え
工場・倉庫などの外装リフォーム
火災保険
台風
倉庫
使用素材
ガルバリウム鋼板波板
築年数
約20年
建坪
保証
1年
工事費用
37.4万円
施工事例

呉市広横路にてU瓦から軽量瓦(ルーガ)への葺き替え工事

U瓦葺き替え前写真
軽量瓦(ルーガ)葺き替え完工写真
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
軽量瓦(ROOGA/ルーガ)
築年数
葺き替え後約25年
建坪
保証
10年
工事費用
約197万(水切り板金工事含)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

呉市カバー工法現地調査

「街の屋根屋さん広島呉店」のブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、呉市のお客さまよりカバー工法の為の見積り依頼があり、周囲状況や屋根の状況を確認する為に現地調査に伺いました。    呉市屋根リフォーム見積り依頼の基本情報       ...........

熊野町雨漏り調査凍害

   「街の屋根屋さん広島呉店」のブログをご覧頂き、有難うございます。今回は安芸郡熊野町のお客様より「雨漏りがしたので、見に来て欲しい」ととにかく急いでいる様子でしたので、急いでお客様の元へ雨漏り調査にお伺いしました。木造2階建ての瓦屋根で...........

呉市大波スレート雨漏り調査

「街の屋根屋さん広島呉店」のブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、呉市の大波スレート屋根のお客様から雨漏りがするので、見て欲しいとのご連絡でした。一般的には、大波スレートは工場倉庫に使用される事が多いのですが、こちらは20年ほど前にセ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら広島呉店にお問合せ下さい!
8:30~18:00まで受付中!!
0120-959-689