オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

江田島市S様邸 屋根点検で棟の崩れを発見したので復旧工事に来ました


瓦屋根棟積み替え工事
今回は、屋根点検の際に1階玄関上の棟が崩れていたので、その復旧工事にやってきました。

前回の屋根点検の現地調査の様子はこちらからご覧ください→塗装工事で足場を組んでるので屋根点検を依頼されました
すでに、塗装工事が済んで足場がない状態になっており、丁度良い感じでした。
(※屋根工事用の足場と塗装用の足場では違うという前提です)

棟赤土広がり
棟を解体していきます。一番上の蓋のような瓦(雁振)を取り外しましたら、中の土がいっぱいまでひろがっていました。
これは、コーキングをしたことで、瓦の重なりより入った雨水や結露等で発生した水分が抜けられず、中の赤土と混ざっていった為に溶けた状態になっているのです。
なので、屋根工事をする業者の中でも、『ラバーロック工法』なるものを謳って工事をするのは、悪徳業者ですので気を付けて下さい
それを行うのは、ほとんどが瓦を専門にしない屋根工事業者です。専門でないにしても、瓦屋根の知識経験がないと思われるので、十分に気をつけて下さい。

壁際捨て谷無し
壁際を確認しましたら、通常ある「捨て谷」と呼ばれる板金を加工したものを取り付けているものがありませんでした。
S様から、玄関の上は以前から雨漏りしていたとの事なので、棟だけでなく壁際の排水工事にも問題があったようです
捨て谷新設
本来は壁際の水切りが後から付けられるような工事になっているのですが、既に塗装工事が終わった後なので、水切りをそのままに捨て谷を加工して取り付けていきます。
棟工事
壁際の準備ができたら、棟の工事にかかります。
本の棟はもう1段分の平部の瓦がなかったので、それをいれてから棟の台土になる南蛮しっくい(シルガード)を用意していきます。
その際、次の工程で必要な水糸と呼ばれるものを張って、水平を出していきます。
水糸に合わせて棟工事
先ほどの水糸を目安にしながら、棟の瓦を取り付けていきます。この目安にするという事がなかなか難しく、まさに職人さんの技術の結集です
棟補強資材
台土にも、棟を積み上げていく際にも南蛮しっくい(シルガード)を使用していき、それぞれをくっつけていくのですが、
それだけでは安心といえないので、揺れて崩れても瓦が落ちない様に、上の写真のような材料を使用し、その他にもコーキングを適切な箇所にすることで、防災強度をあげています。
棟復旧工事完成
最後に、棟の一番上の瓦の中を屋根下地に固定していた銅線を通して固定すれば棟工事の完成です。
以上で、江田島市S様の屋根点検で発見した棟の復旧工事は終了です

終わったころには、辺りが真っ暗になってしまいましたが、S様にも喜んで頂き、又困ったことがあればお願いするとの嬉しい言葉が何よりでした
本日も最後までご覧頂き、有難うございました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

トタン壁工事地ならし

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。前回の調査の様子はこちらからご覧ください⇒「呉市倉橋町 解体工事後の追加工事としてトタン壁工事の調査です」前回では、見えている土壁をどのように塞ぐかという事をお客様F様と打ち合わせさせて頂きました。...........

モニエル瓦葺き替え工事平部

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、海田町にモニエル瓦から陶器・平板瓦への葺き替え工事に入っているT様邸の様子を引き続きご紹介していきたいと思います。前回までに屋根に機械を使って瓦揚げを行い、平部に瓦を取付けていきました。又、...........

現地調査

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。また、昨今コロナで騒がしいご時世にも関わらず、たくさんのお問い合わせを頂いておりますが、必ずお悩みごとを解決させて頂きますので、お待ちのお客様は暫くお待ち頂きます様、宜しくお願いします。今回は、広島...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら広島呉店にお問合せ下さい!
8:30~18:00まで受付中!!
0120-959-689