オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

呉市I様邸 棟のしっくい剥がれによる積み替え工事の後半です。


棟際平部瓦固定
前回は、棟のしっくいが剥がれて棟の積み替え修理を依頼され、棟を解体する工事までをご紹介してきました。
(前回までの様子はこちらです→
今回は、その続きになります。棟を解体して、その下の瓦の掃除もできたら、瓦を電動工具で穴をあけ、ステンレス釘にて止めていきます。
以前は特に何もしていなかったので、棟際の一番上の瓦がズレていました。
棟部に南蛮しっくい塗り
瓦を固定して、棟金具に人工木を取り付けたら、しっくいを塗り防水性を強化していきます。以前はしっくいを粉から水で溶かして塗る作業でしたが、今は工業製品があり、当社はシルガードを使用しています。
またコラムにて、シルガードなどの棟の乾式湿式についてもご紹介したいと思います。
工事前棟瓦留め具
棟瓦は以前は、釘を補強材の垂木に留め付けて、釘頭をコーキングしていました。
ただ、経年劣化により木が痩せて、釘の食いつきが弱くなったり、又地震等の揺れにて釘の頭が浮いてきていました。
修理後、棟瓦留め具ビス
今回からは、パッキン付きのステンレス釘にて固定する事で強度を上げ、崩れる事がないようにします。
棟瓦全数ビス留め
全ての棟瓦を仮置きして、水平に通っているか、上下に波がうっていないか確認してからビスを工具にて締めていきます。
棟瓦取付
最後に、棟瓦を切り込んだ箇所は雨水が入る恐れのあるので、コーキング+しっくいをする事で
仮に揺れでしっくいが離れても、その下のコーキングが伸縮性がある為、切れることはありません。
棟瓦取付
以上で、しっくいが剥がれた棟の積み替え工事は終了です
before1
解体する前の棟
最初は棟際の一番上の瓦が釘等で固定されていない為、ズレて危険な状態でした。
horizontal
after1
解体して修理した棟
今回は、電動工具にて穴あけ、ステンレス釘での固定することでズレの心配はなくなり、しっくいの剥がれもなくなり長く安全にお客様の暮らしを守ってくれる事と思います。

街の屋根やさん広島呉店では、まずお客様の心配事をよく聞いた上で、ご納得頂ける工事をさせて頂いております。
いつでも、お困りの時はお気軽にご相談ください

本日もご覧頂き有難うございました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

呉市屋根リフォーム工事調査

本日もブログをご覧頂き有難うございます。今回は、呉市のリピータ様T様より「瓦屋根の雨漏りが酷く、屋根が落ちそうで怖い。周りの板金屋根のようにしたいので、一度来て欲しい」とのご依頼でした。以前は樋の掃除をさせて頂いた事があったので、屋根の状況...........

絶縁シート

本日もブログをご覧頂き有難うございます。前回までの流れはページ下にリンクで貼り付けておりますので、そちらもご覧頂けると今回迄の流れが良く分かると思いますので、是非ご覧下さい。本題に入る前に、工事の全体の流れを確認しておきたいと思います。防水...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら広島呉店にお問合せ下さい!
8:30~18:00まで受付中!!
0120-959-689