呉市にて塩ビ系防水シートの機械式固定工法工事です


絶縁シート接着工事
本日もブログをご覧頂き、有難うございます。
今回は、呉市で工事中のアパート屋上のシート防水工事の様子を引き続きご紹介します。
前回までの工事の様子は最後にリンクを貼っておりますので、是非そちらもご覧下さい。

前回までに、下地の洗浄・パラペット部の既存防水シートの撤去を行っておりますので、今回は
その続きになります。
まずは、既存の防水シートと新しくする防水シートの間に絶縁シートを貼り付けていきます。
この絶縁シートを貼る理由は、下地に含んだ水分や湿気を絶縁シートを通して効率的に逃すことができ、防水層の膨れを防止することができるという大きなメリットがあります。
また下地に直接接着しないということから、下地の亀裂の傷み等の影響を受けることがほとんどなく、下地調整を必要としないまま施工ができ、既存防水材の撤去が不要といった点から工期や費用のかさみを抑えることができることも大きなメリットの1つです
工具にて下地穴開け
絶縁シートが既存防水シートの上に貼り付けられたら、次の工程の防水シートを固定する専用の器具を取り付ける為の準備をしていきます。
専用器具は防水下地(コンクリート)に直接固定する為に、まずは電動工具にて必要な口径・穴の長さを開けていきます。
鋼製ディスク固定
先程開けた穴に向けて、今度は鋼製ディスクを固定していきます。又、このディスクを先に固定するか、塩ビ系防水シートの後に固定するかの大きく2種類あります。
後から固定する方が耐風性に強く高層階や沿岸部に用いられますが、先に固定する工法では、仕上がりの美しさがあり一般的な建物等の防水屋根で用いられます。
鋼製ディスク取付完工
全ての鋼製ディスクの固定が終了しました。
ディスクは専用のアンカービスで固定しており、事前に強度を確認した上でビスの長さ等も調整しております。
又、ディスク同士の間隔が適正でないと、強風でシートが剥離する恐れもあるので、同時に確認しながらの取付工事でした。ただ、取り付ける場所にも注意が必要で既存防水シートの押さえコンクリートには約3Mごとに伸縮目地が入っております。
そこにアンカービスを留めても強度がないので、しっかりと押さえコンクリートのある場所の確認も必要になってきます。
塩ビ系防水シート機械式固定
準備が出来たら、今度は本体の塩ビ系防水シートを仮置きしていきます。
シートの端部は全てを機械式固定を行った後、アンテナ台等の防水屋根に以前あったものを戻した後に専用の接着剤にて溶着していきます。
パラペット部接着工法
パラペット部の立ち上がちは機械式固定では防水下地と溶着できない為、接着工法にて貼り付けていき、さらに端部はアルミ金物にて固定していきます。

以上で、今回の呉市にて塩ビ系防水シートの機械式固定工法工事は終了です
本日も最後までご覧頂き、有難うございました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

解体工事瓦屋根

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。呉市F様にて解体工事中の様子を前回からご紹介していますが、今回にて終了しましたので、その様子をご紹介します。前回までに足場工事を行い、家の中にある残材不要品を取り出し、屋根の瓦を撤去するところまでご...........

現地調査

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、呉市の自治会様からのお問い合わせでした。「説教所(せっきょうじょ)の渡り廊下辺りから雨漏りがしているようで、見に来てもらえますか?」と、ご相談頂きました。説教所って、何かなと思われる方にどう...........

足場工事

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。前回の現地調査の様子はこちらからご覧ください⇒「呉市にて崩れて危険な屋根をドローンを飛ばして調査しました」今回は前回の調査後、お客様F様には崩落しそうな屋根の修復工事と建物自体の解体工事をご提案させ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら広島呉店にお問合せ下さい!
8:30~18:00まで受付中!!
0120-959-689