オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

呉市 腐食して穴が空いた銅板。ステンレス谷板に差し替え工事完工です


本日もブログをご覧頂き、有難うございます。

前回の現地調査の様子はこちらからご覧下さい⇒「呉市 化粧軒天が腐食して雨漏り。玄関上銅板を現地調査です

前回は、腐食して穴が開いた銅板より雨漏りして化粧軒天がふやけた状態になっていました。今回は、その後のご提案で
谷板を現在の銅板からステンレス板に替える事になりましたので、ご紹介します。
屋根足場
場所が玄関上という事で、限られた狭い場所ですが、屋根の瓦を一部を解体するので、その瓦を置いておける屋根足場を作っておきます。

それが準備出来たら、谷板に干渉している棟から解体していきます。
谷板周り解体
棟の一部が解体できたら、谷板周りの瓦を水上側から順番に剥がしていきます。
谷部は違う屋根面同士が突き当たる箇所なので、作業する際は非常に足元の悪い場所です。谷板の長さに関係なく、安全に注意しなければならない作業場の1つです。
ルーフィング増し貼り
谷板は雨水が集まり、雨漏りが発生しやすい箇所です。
瓦の対応年数が40~50年ほどあっても、その他のしっくいや防水紙(ルーフィング)はそれほど対応できません。
今回は、谷板下のルーフィングを増し貼りしていきます。そうすることで、2重にも3重にも雨漏りに強い屋根に仕上がっていきます。
ステンレス谷板新設
先程のルーフィング上に新しくステンレス製谷板を取り付けていきます。
しかし、ステンレス谷板はどうやって固定しているのでしょうか。谷板に直接釘等を打ち込むと、谷板に穴が開いてしまいます。
谷板固定
実は、谷板の端部は水返しといって立ち上がっています。その立ち上がりに同質のステンレス鋼を挟み込んで、屋根下地に固定していきます。固定する部材は、ステンレス製の釘やビスを使用します。
同じ材質のものを使用するには理由があります。それは、例えばステンレス製のものに鉄製のものを隣接すると「電蝕」といって腐食してしまうからです。
金属を使用する際は、できるだけ同質のものを使用するのが望ましいでしょう。

さらに、当社では瓦受けとしても水返しとしても使用できるウレタン材を谷板に貼り付けて、雨量が多い時でも谷板より溢れないようにしております。
谷板周り瓦葺き直し
谷板が取り付けられたら、谷板周りの瓦も葺き直していきます。そして、最後に一番最初に解体した棟部を積み直していきます。

棟積み完工
新しく積み直す棟部には、赤土を使用せず南蛮しっくい(シルガード)を使い、防水性を上げていきます。
before1
銅板腐食
以前は、腐食して変色した部分に穴が開いていた銅板でした。お客様も銅板に穴が開くとは知らなかったようで、瓦が割れていると思っていたようでした
horizontal
after1
谷板ステンレス板交換
以前とは見違えるように、漆黒のステンレス板を新設することでお客様も安心していました。
又、別の箇所も雨漏りしていないか気になるという事でしたので、引き続き点検させて頂きたいと思います。

以上で、呉市 腐食して穴が空いた銅板をステンレス谷板に差し替える工事は終了です

これからは朝晩が日に日に寒く、夕方も早く日が暮れる季節に入ってきましたので、通常より作業時間が短くなってきます。現場作業がスムーズに進むよう準備を怠らない様にしていきたいと思います。
本日も最後までご覧頂き、有難うございました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

樋雨水多い

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。前回の雨漏り調査の様子はこちらからご覧ください⇒「竹原市にて空き家実家の雨漏り調査。竪樋の取り付け不備から雨漏り」前回の調査にて、樋の出口が瓦の隙間に向いていた為に雨漏りしたK様邸から、雨漏り修理を...........

屋根裏調査

本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます。前回までの様子はページ下にリンクを貼り付けていますので、そちらも合わせて是非ご覧下さい。安芸郡熊野町にて雨漏り工事中のY様邸ですが、以前の雨漏り時より漏っている様子は少なくなったとの事でしたが、...........

棟瓦ズレ

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、安芸郡熊野町のY様邸に雨漏り調査後の修理工事に伺いました前回の調査の様子はこちらからご覧ください⇒「安芸郡熊野町 雨漏りにより天井にシミと雨音がするとのご相談です」ただ、今回の雨漏りには複数...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら広島呉店にお問合せ下さい!
8:30~18:00まで受付中!!
0120-959-689