オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

呉市N様邸 雨漏りにより軒天化粧板が腐食したので修理に来ました。


軒天雨漏り修理
今回は呉市N様邸の軒天化粧板の雨漏り修理に来ました。
前回は、軒天が腐食しており、その原因が銅板でつくられた壁際の捨て谷付近からの雨漏りのようでした。
(現地調査の様子はこちらです→

大工さんと同時作業になり先に瓦を撤去してから、屋根下地をやり替えてもらってからの作業になります。
すでに、大工さんに新しい防水紙を貼って貰い、撤去された瓦を掛ける木下地(桟木)を取り付けて
少し瓦を戻したところからの写真になります。
壁際捨て谷新設
前回の調査時に、壁際の排水として銅板の捨て谷が使用されていました。
銅板は腐食すると穴が開きやすいのですが、今回の調査では穴はなかったものの、銅製の捨て谷から雨水が溢れたように、防水には流れた跡のようなものがありました。

本来なら古い捨て谷を替えるところですが、写真のようにタイルで壁を作っています。
捨て谷は先に取り付けられ、後からタイル壁を工事しているので、取り替える事ができません。
なので、今ある古い捨て谷の上からガルバ鋼鈑の捨て谷を貼るようにしました。
タイル壁際捨て谷
捨て谷を上から貼りつけると、やはり壁際に隙間ができます。隙間をコーキング材で埋め、壁に当たった雨水を捨て谷に流れるようにします。
パラペットコーキング
古い捨て谷に錆びの様なものが以前はあったのが、この写真のパラペットの瓦と接している箇所の小口が錆びて、捨て谷に流れており、また瓦からの雨水がちょうどパラぺットに小口にかかるように流れていたので、コーキングで塗りつぶすことで、パラぺットの上に流れ捨て谷に落ちていくようにしました。

以上で、軒天化粧板の雨漏り修理工事は以上です

本日も最後までご覧頂き有難うございました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

樋雨水多い

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。前回の雨漏り調査の様子はこちらからご覧ください⇒「竹原市にて空き家実家の雨漏り調査。竪樋の取り付け不備から雨漏り」前回の調査にて、樋の出口が瓦の隙間に向いていた為に雨漏りしたK様邸から、雨漏り修理を...........

屋根裏調査

本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます。前回までの様子はページ下にリンクを貼り付けていますので、そちらも合わせて是非ご覧下さい。安芸郡熊野町にて雨漏り工事中のY様邸ですが、以前の雨漏り時より漏っている様子は少なくなったとの事でしたが、...........

棟瓦ズレ

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、安芸郡熊野町のY様邸に雨漏り調査後の修理工事に伺いました前回の調査の様子はこちらからご覧ください⇒「安芸郡熊野町 雨漏りにより天井にシミと雨音がするとのご相談です」ただ、今回の雨漏りには複数...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら広島呉店にお問合せ下さい!
8:30~18:00まで受付中!!
0120-959-689