オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

呉市I様邸 棟のしっくい剥がれによる棟積み替え工事です。


棟のしっくい剥がれ
今回は、2階瓦屋根のしっくいが落ちて心配だから見て欲しいと以前ご依頼のあったお客様から工事をして欲しいとご依頼があったので、そちらの様子をご紹介したいと思います。

こちらの屋根は洋風な形の瓦を使用されおり、山が2つあるタイプを屋根に付けられていました。
大棟・隅棟は和風建築のようにノシと呼ばれる四角い形の瓦を積んでいくのではなく、こちらの写真のように三角状の瓦を取り付けていくタイプでした。
ただ、その大棟の近くの平部の瓦が留め具で固定されておらず、写真からもずれているのが分かります。
棟のメンドが落ちる
また、こちらの写真では、はっきりと大棟よりしっくいの塊が今にも落ちて来そうに剥がれています。
棟の赤土むき出し
こちらの写真では、既にしっくいが剥がれ落ちてしまい、下地の赤土が剥き出しになっています。
まずは、大棟の瓦を撤去し、しっくい・赤土を取り除いていきます。
棟の瓦撤去
大棟の瓦を取ると、今にもしっくいが落ちそうになっていました。軒先には土等が落ちないように毛布を土留めにする事で、下まで落ちないようにしています。
棟際の瓦固定していない
赤土の大きな塊を取り除いた後は、ハケ等で砂になった赤土も掃除して取り除いていきます。
棟金具
棟際の金具は傷みが激しいところは、新しいものと交換し、それ以外の使用できるものはそのままにしていきます。
棟際赤土掃除
棟際の桟木も取り外し新しいものに替えていきます。

大棟のしっくい剥がれによる棟積み工事の前半はここまでです
瓦は屋根材の中では一番対応年数が長いと言われておりますが、工事方法が手抜きがあったり、定期的な点検がないと
やはり損傷が進みます。

目で見て分かりやすく、不安の無い工事をお客様に提供する事を目指しております。

本日も最後までご覧頂き有難うございました

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

樋雨水多い

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。前回の雨漏り調査の様子はこちらからご覧ください⇒「竹原市にて空き家実家の雨漏り調査。竪樋の取り付け不備から雨漏り」前回の調査にて、樋の出口が瓦の隙間に向いていた為に雨漏りしたK様邸から、雨漏り修理を...........

屋根裏調査

本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます。前回までの様子はページ下にリンクを貼り付けていますので、そちらも合わせて是非ご覧下さい。安芸郡熊野町にて雨漏り工事中のY様邸ですが、以前の雨漏り時より漏っている様子は少なくなったとの事でしたが、...........

棟瓦ズレ

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、安芸郡熊野町のY様邸に雨漏り調査後の修理工事に伺いました前回の調査の様子はこちらからご覧ください⇒「安芸郡熊野町 雨漏りにより天井にシミと雨音がするとのご相談です」ただ、今回の雨漏りには複数...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら広島呉店にお問合せ下さい!
8:30~18:00まで受付中!!
0120-959-689