オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

呉市T様邸 劣化したU瓦が割れて困っているお客様の元へ行きました。


U瓦
呉市T様邸ににて、U瓦屋根の上に物が落ちて、そこがバリバリになってしまい雨漏りしないか心配だから見に来てほしいと連絡を受けましたので、一度現地調査に伺う事にしました。
場所は商店街が近く割と人も多いので点検といえども十分に注意が必要です。ご相談があったのは、手前の2階瓦屋根の奥にあるU瓦でした。
U瓦破損、表面剥離
写真で見ても、かなりの劣化が進んでおります。
表面の塗装の剥離が端部からなっており、状態もかなり脆い(もろい)ように見えます。
U瓦の下は板金屋根の瓦棒があるようでしたので、すぐに雨漏りにはならないと思いましたが、お客様から応急修理でいいから何とかして欲しいとの事でしたので、GL(ガルバリウム)鋼鈑を加工して修理する事にしました。
U瓦破損修理
このような状態だと、仮に破損個所の在庫があったとしても、差し替え交換時に足元に力を入れて他のU瓦を破損する恐れがあり、歩いただけでも割れそうな程でした。
まずは、破損周囲を掃除し、U瓦の形状に合うようにGL鋼鈑を成型・カットします。
そして、差込み後のズレ留めにコーキング(黒色)を塗ります。

U瓦とは?

そもそも、U瓦とは40年近く販売され続けた積水屋根システム㈱という『セキスイ』ブランドを推進して拡大された屋根材でした。軽くて強いという宣伝から、瓦棒の上にカバー工法が取れるといったメリットにも着目され全国で50万棟近くも販売され続けました。

それがアスベストによる健康被害の風潮で1990年8月以降にノンアスベストとして再販売されますが、その頃より日本全国でクレームが相次ぎました。
アスベストを含まない事により、本体の強度が想定していたよりも弱く、劣化が早まり、ついには製造・販売中止にもなったのです。
U瓦ガルバ差込
なので、こちらのお客様の屋根も状態からみてアスベストを含んでいない状態で劣化が進んだ結果、少しの衝撃でも破損したものと思われます。

先程のGL鋼鈑を差込み、横から吹き込まないようにコーキングを塗りました。
U瓦コーキング補修
その他の手の届く範囲で、ひび割れ箇所もコーキングにより応急修理をさせて頂きました。

以上で、U瓦破損の応急修理は以上です

U瓦は劣化の進み方が他の屋根材より早いので、気になる方は一度お問い合わせしてみて下さい→
本日も最後までご覧頂き有難うございました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

樋雨水多い

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。前回の雨漏り調査の様子はこちらからご覧ください⇒「竹原市にて空き家実家の雨漏り調査。竪樋の取り付け不備から雨漏り」前回の調査にて、樋の出口が瓦の隙間に向いていた為に雨漏りしたK様邸から、雨漏り修理を...........

屋根裏調査

本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます。前回までの様子はページ下にリンクを貼り付けていますので、そちらも合わせて是非ご覧下さい。安芸郡熊野町にて雨漏り工事中のY様邸ですが、以前の雨漏り時より漏っている様子は少なくなったとの事でしたが、...........

棟瓦ズレ

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、安芸郡熊野町のY様邸に雨漏り調査後の修理工事に伺いました前回の調査の様子はこちらからご覧ください⇒「安芸郡熊野町 雨漏りにより天井にシミと雨音がするとのご相談です」ただ、今回の雨漏りには複数...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら広島呉店にお問合せ下さい!
8:30~18:00まで受付中!!
0120-959-689