オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

呉市 横暖ルーフへ葺き替えの為の既存瓦屋根降ろし工事です


瓦降ろしの為の機械掛け
今回は瓦屋根から横暖ルーフへ葺き替え工事の為の瓦降ろし工事の様子をご紹介します。
前回の足場工事の様子はこちらからご覧下さい→

まずは、屋根にウインチ荷揚げ機を屋根まで組み立て、降ろす準備をします。今回は入母屋という屋根の形で四隅に隅木という太い柱がありますが、そこが折れたり、傷みが激しくて既にないところがあるので、十二分に注意しながら降ろし工事をしなければなりません。
建築建設工事現場において、一番多い事故が転落事故なので気をつけるぐらいでちょうどいいので、声を掛け合いながらしっかりと工事したいと思います
瓦撤去
まずは、順番に上にあるものからという事で、最初に瓦より降ろしていきます。
それができたら、下から大量の赤土が見えてきました
今までは瓦があることで、抜け落ちる事はなかったのですが、このように赤土だけになると、下地の様子がわからず一番危ないのです。下地の確かなところを探しながら、赤土を撤去していきます。
赤土撤去
赤土を撤去できると、下地の様子が半分見えてきます
40年以上前だと、防水紙代わりにこのように杉皮を使用したようです。
杉皮は、本体の杉板より腐りにくく、さらに言えば、樹木の皮自体が本体より腐りにくいのは、例えていえば人間の髪やツメといった感じでしょうか。本体を守るために、長い年月かけて進化したのが皮という事になります。

杉皮撤去
杉皮を撤去すると、このように本来の屋根下地が現れます。状態を確認していき、折れたり、工事途中により屋根裏に落ちたりした箇所は補強していきます
下地補修工事
そして、今回はこちらの隅木という太い柱がなかったので非常に危険な瓦降ろし工事でした。
屋根下地が現れたことで、新しい隅木とその周辺を補強していき、次の下地張り増し工事する上でも安全に工事できるようにしていきます。

以上で、呉市の横暖ルーフへ葺き替えの為の瓦降ろし工事はここまでです

今回も無事に工事を終了する事ができて一安心です。さて次回は、下地を作って防水紙を貼る工程までをご紹介したいと思います。
本日も最後までご覧頂き、有難うございました

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

樋雨水多い

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。前回の雨漏り調査の様子はこちらからご覧ください⇒「竹原市にて空き家実家の雨漏り調査。竪樋の取り付け不備から雨漏り」前回の調査にて、樋の出口が瓦の隙間に向いていた為に雨漏りしたK様邸から、雨漏り修理を...........

屋根裏調査

本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます。前回までの様子はページ下にリンクを貼り付けていますので、そちらも合わせて是非ご覧下さい。安芸郡熊野町にて雨漏り工事中のY様邸ですが、以前の雨漏り時より漏っている様子は少なくなったとの事でしたが、...........

棟瓦ズレ

本日もブログをご覧頂き、有難うございます。今回は、安芸郡熊野町のY様邸に雨漏り調査後の修理工事に伺いました前回の調査の様子はこちらからご覧ください⇒「安芸郡熊野町 雨漏りにより天井にシミと雨音がするとのご相談です」ただ、今回の雨漏りには複数...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら広島呉店にお問合せ下さい!
8:30~18:00まで受付中!!
0120-959-689